iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!

2012年05月31日 22:30

iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!
アイフォン5最新情報!iPhone4Sと同じようにiPhone5発売日は2012年9月から10月の間!
iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!1
iPhone5発売日2012年9月~10月!
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)デザインと4G LTE搭載など最新情報!

アメリカの投資銀行Piper Jaffrayのアナリストに続いて、他社のアナリストたちもiPhone5発売日を2012年9月から10月の間に予想した。

アップル社の業績などを勘案すると、2012年10月までは、iPhone5(アイフォン5)を発売しなければならないという分析だ。

CNETは、カナダRBC銀行のアナリストAmit Daryananiの報告書を引用し、iPhone4S(アイフォン4S)と同じように、iPhone5発売日は2012年10月前になると予想した。

Amit Daryananiは、報告書でアップル アイフォン5デザインと最新の4G LTE技術の搭載も一緒に言及した。


iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!2 
アイフォン5最新情報!iPhone5発売日は2012年9月から10月の間

Amit Daryananiは、 "オリジナルiPhone(アイフォン)が発売された後Appleは毎年、iPhone(アイフォン)をアップデートしており、デザインは2年ごとに変えた"としながら "新しくなったアイフォン5デザインを期待している需要を勘案すると、そのサイクルに合わせiPhone5(アイフォン5)は2012年9月~10月に発売される"と分析した。

Amit Daryananiの報告書は、Piper JaffrayのアナリストGene Munsterが先月公開したレポートと同じ見解を持っている。

アップル社がiPhoneを発売した後、iPhone(アイフォン)はApple(アップル)全体の売上高の40%以上を占める主力商品になった。

したがって、アップル社の実績を考慮したiPhone5発売日の調整が必要であり、そのiPhone5発売時期が約2012年9月~10月という分析だ。

iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!3
iPhone5画像(アイフォン5画像)
アップル社の実績を考慮したiPhone5発売時期は2012年9月~10月

Amit DaryananiはiPhone5(アイフォン5)がこの時期に発売される場合、2013年第1四半期まで、その破壊力が維持されると予想した。

Amit Daryananiはその理由として"消費者はアップル社の新しいデザインコンセプトに魅力を感じてきた"と主張し、その政策が持続され、消費者のAppleへの忠誠度がなくならない限り、iPhone(アイフォン)は中長期的なヒット商品として販売されると付け加えた。

一方、Amit DaryananiはITリサーチ会社Gartnerの調査結果によると、アメリカ国内のiPhoneシェアはまだ7.9%であり、iPhone(アイフォン)が持っている潜在成長力はまだ大きいと説明した。
関連記事
スポンサーサイト



iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!

2012年04月20日 22:39

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!
iPhone5 4G LTE通信チップの供給不足で発売日が延期?
iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!1 
iPhone5発売日が延期されている理由は?
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!

iPhone5発売日が秋に延期されるというニュースが外信から伝えられた。

iPhone5に装着予定のQualcomm(クアルコム)の4G LTE通信チップが原因だという。

iPhone(アイフォン)は、伝統的に6月にApple(アップル)が開催する世界開発者会議(WWDC、Apple Worldwide Developers Conference)で発表された。

このような習慣を打ち破ったのが昨年iPhone4S発売で4ヶ月が過ぎた時点である10月に発売された。

CNETは、投資銀行会社Piper Jaffreyの報告書の内容を引用し、AppleのiPhone5発売日が2012年の秋(10月)だと報じた。

Piper Jaffreyの報告書は、iPhone5発売日が秋に延期になった理由をクアルコムの28nm 4G LTE通信チップ供給の問題だと主張している。

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!3
iPhone5発売日が秋に延期になった理由は、クアルコム4G LTE通信チップ供給の問題が原因

一方、Qualcomm(クアルコム)の最高財務責任者(CFO)Bill Keitelがロイターとのインタビューで明らかにした内容は、このような主張に力を与えている。

クアルコムのCFO Bill Keitelは "28nm 4G LTE通信チップの需要が供給を上回っている。可能な限りより多くの供給を行うことができるように、お金を投資することにした "と話した。

現在ではApple(アップル)がiPhone5(アイフォン5)を発売しようとしても4G LTE通信チップの供給不足でできないわけだ。

クアルコムの28nm 4G LTE通信チップは、MDM9615、MSM8960等である。

MDM9615とMSM8960は、通信機能にAPが統合された統合チップで、3Gだけでなく、4G LTEをサポートするのが特徴だ。

様々な2Gおよび3Gと4Gの通信をサポートする統合チップを作ることができるのは、現在クアルコムが唯一だ。

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!2
iPhone5機能とスペック情報!
iPhone5に4G LTE機能を搭載する場合、選択肢はクアルコムMDM9615しかない

Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)が4G LTE機能を搭載する場合、選択肢はクアルコムのMDM9615しかない。

今も4G LTEをサポートする統合チップが出ているが、クアルコムのAPと一緒に使わなければ3Gでは音声を使うことができない。

現在のLTEスマートフォンがクアルコムのAPを使う理由だ。

多くのメーカーからのMDM9615をテストしている中で、今年はExynos、Tegra3等のAPを使用した4G LTEスマートフォンが大勢出てくる予定だ。

まもなく発売される最新スマートフォンの一つであるサムスン電子のGalaxy S3(ギャラクシーS3)もここに含まれる。
関連記事

iPhone5発売日10月7日!iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?

2011年08月20日 05:03

iPhone5発売最新情報!iPhone5発売日は10月7日!
10月発売予定のiPhone5(アイフォン5)、今年の下半期に2500万台以上生産!
Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?

"iPhone5(アイフォン5)、10月7日に発売される"美ITメディアが報道!
iPhone5発売日10月7日!iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?1 
iPhone5発売日10月7日!iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!
Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?


iPhone5発売日に関する情報は、米国のIT媒体を通して伝えられた。

Apple(アップル)の最新情​​報を伝えるウェブサイト、ナインツパイブマック(9to5mac)によるとiPhone 5は10月7日発売される可能性が高いと伝えられた。

予約受付は9月30日から開始されると伝えられた。

ナインツパイブマック(9to5mac)はこの日、IT情報サイト"TiPb"を引用して"新しいiPhone(アイフォン)が10月に発売されるといううわさがあった。しかし、Apple(アップル)は7日に焦点を当てている"とし、"9月の最終日には予約が開始される予定だ。9月29日と30日の間で調整が進められている"と伝えた。

ナインツパイブマック(9to5mac)ウェブサイトはまた、今回の情報について"確信がある。もちろん、日付の変更は可能である"と付け加えた。

iPhone5の10月発売説は、先立ってITメディア"All Things D"が精通した消息筋を引用して、iPhone5が10月に発売されるだろうと明らかにしたことがある。


Apple(アップル)、iPhone5(アイフォン5)を下半期に2500万台以上を生産!
iPhone5発売日10月7日!iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?2 
iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!

Apple(アップル)が10月に発売予定のiPhone5を今年の下半期2500万台以上生産する計画だ。

台湾の電子部品業界の専門誌のデジタルタイムズは、Apple(アップル)が今年の下半期のiPhone(アイフォン)生産台数を従来の5000万台から5600万台に増やしたと報道した。

特に、5600万台の中、iPhone5が2550万台以上になると予想される。

Apple(アップル)が2550万台以上のiPhone5生産に必要な部品を注文したからだ。

Apple(アップル)社の今年の下半期の生産計画には、iPhone5をはじめ、iPhone 3GS(アイフォン 3GS)、iPhone 4(アイフォン 4)、iPhone 4 CDMA(アイフォン 4 CDMA)などが含まれている。

iPhone5の場合、第3四半期には600万台、第4四半期には2000万台以上を生産することができる部品を注文した。

したがって、iPhone5は、10月以降、グローバル市場に本格的に発売されると予想される。


Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求した?

iPhone5発売日10月7日!iPhone5(アイフォン5)下半期に2500万台以上を生産!Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?3 
Apple(アップル)、サプライヤーにコスト50%削減を要求?

デジタルタイムズはiPhone(アイフォン)とiPad2(アイパッド2)に入るタッチパネルの注文が第3四半期に比べて大幅に増加したにもかかわらず、Apple(アップル)はまだ、過去の物品よりも半分に近いコストを減らそうとしていると伝えた。


これはApple(アップル)が供給者のBOMを減らそうという試みをしていたり​​(これにより、利益率を高める)、多くの人が待っているiPhone5(アイフォン5)のような新製品の価格の削減を準備するものの一つだと見ることができる。

デジタルタイムズは、Wintekの場合、Apple(アップル)から、タッチセンサーの注文を前回のご注文より50%近く低い価格で取得しており、WinTekの低マージンの影響はすぐに他のベンダーへ反映されるだろうと伝えた。

このような動きは、納品業者の一般的なマージン率を下げる一方で、他の企業にも連鎖的に影響を及ぼすことになる。

レポートはWinTekが以前にも、Apple(アップル)の低マージンの注文に対して拒絶したことがある"と言及した。
関連記事

iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)、iPhone5(アイフォン5)とiPhone4S(アイフォン4S)発売時期!

2011年06月30日 09:00

iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)は9月ではない?
iPhone4S(アイフォン4S)発売時期は9月?

最近、iPhone5(アイフォン5)とiPhone4S(アイフォン4S)発売時期の見通しが分かれている。

iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)、iPhone5(アイフォン5)とiPhone4S(アイフォン4S)発売時期!1
iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)はいつなのか?

Apple(アップル)が低価格のiPhone((アイフォン)またはiPhone4ミニ(アイフォン4ミニ)を発売することはないという分析が提起された。


また、iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)も9月ではないという見通しが出た。

ドイツ銀行は、Apple(アップル)が9月にiPhone5((アイフォン5)と一緒に、新興市場攻略のために低価格のiPhone(アイフォン)を発売すると言及した内容とは正反対の分析だ。

米ウォールストリートジャーナル発行の経済週刊誌"バロン"によると、ウォールストリートの金融サービス会社BMOキャピタルのアナリスト、キース・バフマンは投資家たちへ送るノートに"Apple(アップル)社は、9月の低価格のiPhone(アイフォン)を発売しない"とし"新たにデザインしたiPhone5((アイフォン5)も発売しない"と述べた。

BMOキャピタルのアナリスト、キース・バフマンは"Apple(アップル)が既存のiPhone4(アイフォン4)での仕様を若干高めたiPhone4S(アイフォン4S)のみを発売することになるだろう"と伝えた。

iPhone5 発売時期(アイフォン5発売時期)、iPhone5(アイフォン5)とiPhone4S(アイフォン4S)発売時期!2
iPhone5(アイフォン5)とiPhone4S(アイフォン4S)発売時期!


キース・バフマンは"(発売から一年以上前)、iPhone3GS(アイフォン3GS)の価格はすでに低価格の製品で消費者の欲求を満たしてくれている"とし"今後も、iPhone3GS(アイフォン3GS)が役割を果たし続ける"と言及した。

しかし、ドイツ銀行のアナリスト、クリスウィットモアは、"Apple(アップル)がiPhone5(アイフォン5)と1台当たり349ドルの低価格のiPhone(アイフォン)を発売し、ラインナップを強化する計画"とし"ノキア(Nokia)、リサーチインモーションが苦戦している今、この低価格のスマートフォン市場を攻略することが機会だと判断した"という予想を出した。

モルガンスタンレー(Morgan Stanley)も、"今年の3 ·第4四半期にiPhone(アイフォン)の新モデルが発売され、2012年には低価格のiPhone(アイフォン)が発売されるだろう"と展望した。
関連記事

iPhone5(アイフォン5)動画撮影ができない?9月発売予定iPhone5(アイフォン5)コンサートなどの現場撮影を防ぐソフトウェアを同梱?

2011年06月18日 09:00

9月発売iPhone5(アイフォン5)、コンサート、スポーツシーン録画を防ぐソフトウェアを同梱?

iPhone5(アイフォン5)発売が9月に予定された中で、今後、iPhone(アイフォン)で動画を撮影する時、新たな制約が生じるという外信の報道が出てきた。

iPhone5(アイフォン5)動画撮影ができない?9月発売予定iPhone5(アイフォン5)コンサートなどの現場撮影を防ぐソフトウェアを同梱?1 
iPhone5(アイフォン5)動画撮影ができない?

イギリスのデイリーメールなど海外メディアは、iPhone(アイフォン)でコンサートやスポーツなどの現場の動画撮影を禁止する案をApple(アップル)が議論中だと報道した。

iPhone(アイフォン)ユーザーは、カメラで直接生中継イベントを記録しようとすると、これを検出し、カメラを強制的に終了させて​​しまうソフトウェアをApple(アップル)社が開発中とのことだ。

このような動作が可能なのは、そのソフトウェアに動画関連ボタンとプログラムの操作を制御するセンサーがあるからだ。

しかし、カメラが強制的に終了されても通話やメッセージ、アプリケーションなどには全く問題がない。

Apple(アップル)がこのソフトウェアを開発する理由とiPhone5(アイフォン5)9月発売噂にも関心が集まっている。

外信は、Apple(アップル)がイベントの生中継や録画などで収益を出す一部の放送局を意識してだと推測した。

iPhone5(アイフォン5)動画撮影ができない?9月発売予定iPhone5(アイフォン5)コンサートなどの現場撮影を防ぐソフトウェアを同梱?2 
9月発売予定iPhone5(アイフォン5)コンサートなどの現場撮影を防ぐソフトウェアを同梱?

一部の放送局は、iPhone(アイフォン)などスマートフォン(SmartPhone)の利用者たちが直接撮影した主な行事動画を無料でユーチューブ(Youtube)などのサイトを介して共有することで、映像有料販売収益に損害を見ていると主張している。

実際の放送局は、ウィンブルドンや音楽祭であるグラストンベリーフェスティバルなどの録画や生中継映像を高い価格で販売しようとしたが、オンライン上では、すでにスマートフォン(SmartPhone)で撮影した高画質映像が上がってきていたという。

フォックスニュースは"事実、Apple(アップル)はすでに18ヶ月前に、ソフトウェアの特許を申請したが、失敗したことがある"と伝えた。

一方、Apple(アップル)側はこれについてはまだ言及を避けている中、今年9月に発売予定のiPhone5(アイフォン5)にこのソフトウェアが含まれるか関心が集まっている。
関連記事

iPhone5(アイフォン5)噂、ソーラー(太陽光)充電式バッテリーモデル発売?iPhone5(アイフォン5)、ソーラー(太陽光)充電バッテリー脱着?

2011年03月26日 12:00

iPhone5(アイフォン5)ソーラー(太陽光)充電式バッテリーモデル(太陽光充電方式)発売?


iPhone5(アイフォン5)噂、ソーラー(太陽光)充電式バッテリーモデル発売2

Apple(アップル)が太陽光充電方式のiPhone(アイフォン)を制作しているように見える。

(iPhone5(アイフォン5)のソーラー充電式電池のモデルが出る可能性も提示されている。)

Apple(アップル)は関連技術の特許を美特許商標庁(USPTO)から既に取得した。

美ジデ - ·シーネットは、Apple(アップル)が太陽光のエネルギーを部分的に用いた電源回路技術で特許(No. 7868582)を受けたと報じた。

報道によると、この技術は、携帯電話やタブレットPC (Tablet PC)などの端末機を急速充電するための太陽電池パネルの製作と発熱の低下などが主要な内容である。

具体的にはパネルから得られた太陽光エネルギーを端末に合わせて変換処理は、バッテリ電源で供給する技術である。

端末(携帯電話)などの小型の電圧変換器(Voltage Converter)で説明される。

iPhone5(アイフォン5)噂、ソーラー(太陽光)充電式バッテリーモデル発売1


これにより、iPhone5(アイフォン5)は、電気なしで屋外でも充電が可能であると下手な予想まで出てきたが、Apple(アップル)は、具体的な説明を拒否した。

(iPhone5(アイフォン5)ソーラー(太陽光)充電式のモデルが出てくれば、スマートフォンの新時代が開かれる。)

USPTOは、今回の特許を置いて苦心を重ねたが、他の端末(携帯電話)などの会社も同様の特許を並んで申請してきたためだと分かった。

Apple(アップル)は既に、太陽電池関連の特許をすでに3つも保有したし、モトローラ(Motorola)、ノキア(Nokia)なども研究競争に跳びこんだ状態である。

Apple(アップル)を猛追している三星(サムスン)電子は、昨年2月、太陽光充電方式の携帯電話『ブルーアース(BluEarth)』を発表、スマートフォンの適用の研究に拍車をかけた。

グローバル携帯電話メーカーの間で、太陽光(ソーラー)、スマートフォンの競争が見込まれる。

もう一つの驚くべき事実は、特許上で、Apple(アップル)が太陽充電電池パネルを脱着式で視覚化したというのだ。

特許の内容には、バッテリー自体の脱着も可能だと出てきた。

iPhone5(アイフォン5)噂、ソーラー(太陽光)充電式バッテリーモデル発売3

バッテリの着脱を拒否していたApple(アップル)社の戦略に変化が感知されている部分である。

外信は、"Apple(アップル)社は、今回の特許に加えて、太陽電池関連技術を多様に研究中"とし、"タブレットPC (Tablet PC)とMacBook(マックブック)太陽光充電を適用する可能性が高い"と説明した。

一方、外信によると、Apple(アップル)は、2007年6月24日、iPhone(アイフォン)を発売(リリース)し、最近まで、なんと9千万台以上を売った。

近いうちにiPhone(アイフォン)販売台数1億台突破が確実視されている状況だ。
関連記事

iPhone(アイフォン)バッテリー交換:保険期間切れiPhone3GSとiPhone4バッテリー交換方法?

2011年03月20日 09:53

保険期間切れのiPhone(アイフォン)バッテリー交換はDIYで解決!?
iPhone3GS(アイフォン3GS)とiPhone4(アイフォン4)バッテリー交換方法?
 
iPhone(アイフォン)バッテリー交換1

1千万スマートフォン時代を開いたのiPhone(アイフォン)とGALAXY S(ギャラクシーS)

ただし、同じスマートフォンだが、iPhone(アイフォン)の利用者たちがGALAXY S(ギャラクシーS)を羨ましがることがある。
それはバッテリー問題。特に、バッテリの交換を控え、利用者は、アップルが法外に高く策定された価格に不満が多い。

業界によると、GALAXY S(ギャラクシーS)のバッテリー単品購入価格が3千円くらいであるのに対し、iPhone(アイフォン)のバッテリーは、1万5千円くらいで高く、iPhone(アイフォン)の利用者たちの間で公式ASセンターではなく、直接バッテリを購入して交換する人が増えている。

iPhone(アイフォン)の利用者なら一度はバッテリーの消費のために困難を経験した経験がある。

特に、発売されて1年半になったiPhone3GS(アイフォン3GS)を使う利用者にUSB充電ケーブルは、必須の所持品である。

これは、スマートフォン利用者が通話だけでなく、様々な情報を取得するなど、PC以外のスマートフォンを使って解決しており、バッテリの消費量が多いからだ。

iPhone(アイフォン)バッテリー交換2

今年2月末のデータによると、スマートフォン利用者の場合は、普通の携帯電話の利用者よりも情報を取得するなどのためのメディアの利用時間が2.7倍多いことが分かった。

また、スマートフォン利用者であればあるほどPCの利用時間が大幅に減ったことが分かった。

特にiPhone(アイフォン)の場合は、[ヘビーユーザー』が多いにも、GALAXY S(ギャラクシーS)のように予備のバッテリーがないし、一体型のモデルであるという点から、これによる不便がもっと大きい。

さらに、位置情報サービス(LBS)の場合、1時間余りを使用すると、バッテリが放電されることも日常茶飯事だ。


[Tip] iPhone(アイフォン)の場合、バッテリが完全放電すると、電源がオンにならない場合がしばしばある。
こんな時はあわてずに、ホームボタンと電源ボタンを同時に10秒間押し続けると電源がオンになる。


他の携帯電話とは異なり、二次電池や据え置き型の充電器が飛ぶように売れている理由だ。

最近では、太陽熱を利用した予備バッテリまで登場し、周辺機器の市場だけ好況を享受している。


このため、オフィスや家庭では、iPhone(アイフォン)を常に充電器に接続して使用する人が増えている。

"iPhone(アイフォン)は有線電話か"という笑い話が出てくる理由だ。


iPhone(アイフォン)バッテリー交換3 
もちろん、1年間の保証期間内にバッテリー異常が確認されれば、バッテリー消費量のテストを経て、無料でバッテリーを交換してくれる。

しかし、iPhone3GS(アイフォン3GS)を購入した消費者のほとんどは、保証期間が終了するなかで、高価なバッテリー交換費用を支払わなければならない。

ほとんどの私立(?)iPhone(アイフォン)の修理はメーカーでは公式の修理価格の4分の1に、バッテリを交換してくれる。出張サービスを提供する業者もいる。(5千円くらい)

しかし、最近では、利用者が直接iPhone(アイフォン)を分解してバッテリーを交換するDIY(Do it yourself)方式が人気だ。

直接交換しなければならないという負担があるが、2~3千円くらいでバッテリー交換が可能である。


iPhone(アイフォン)バッテリー交換4 

iPhone(アイフォン)の利用者のコミュニティやバッテリーの販売サイトには、写真動画と一緒に交換する方法を詳しく説明しているブログを調べることができ、交換成功記も続々と上がってきている。

ある利用者は、"iPhone(アイフォン)は、順番に分解して組み立てるとなる簡単な構造"と"素人がするには多少の困難があるが、いくつかの注意のみ注意してと、無難に交換することができる"と述べた。

単品バッテリーの購入との交換過程は困難ではないが、分解組立の過程での故障などが発生することができ、民間の修理業者を利用したり、分解を試みる場合は、正式サービスを受けることができないという点は留意しなければならない。

このため、ある利用者は、"流通されているバッテリーごとに品質の差があり、安定性に問題がある場合もある"としながら"バッテリの自己交換は、保証期間が終わって保険も掛けられていない状態で、ASコストが請求された時、選択する最後の手段"と述べた。



iPhone(アイフォン)の公式のサービスセンターの関係者は"iPhone(アイフォン)の製造元であるアップル社の規定上のユーザーがiPhone(アイフォン)を分解すると、無償保証期間であっても保証を受けることができない"と述べた。

iPhone3GS(アイフォン3GS)バッテリ交換動画



iPhone4(アイフォン4)バッテリ交換動画




関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報