iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?

2012年06月23日 08:51

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?
iPhone5発売日が遅くなるほど待機需要がGalaxy S3に離脱する可能性が高い?
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?1 
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?

海外市場調査機関であるRoaconsultingがiPhone5分析レポートを公開した。

Roaconsultingが注目したのはiPhone5発売日である。

Apple(アップル)は今回のWWDC2012期間中にiPhone5(アイフォン5)を公開しなかった。

Roaconsulting側はiPhone5発売日によって2012年下半期と2013年第1四半期まで全世界のスマートフォン市場に大きな変化があると伝えた。

iPhone5発売日が重要な理由としては、まず、競争者であるサムスン電子がすでに5月29日Galaxy S3(ギャラクシーS3)を全世界145カ国296キャリアを対象に同時発売した点を挙げた。
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?2
iPhone5最新情報!iPhone5発売日が遅くなると待機需要がGalaxy S3に離脱する可能性が高い
すでにGalaxy S3予約注文は1,000万台を記録している

Roaconsultingは、iPhone5発売日が遅くなるほど待機需要がGalaxy S3(ギャラクシーS3)に離脱する可能性が高いと分析した。

次に、Apple iPhone5発売日が2012年下半期と2013年上半期のスマートフォン販売台数と市場シェアの推移に影響を与えることができるということだ。

サムスン電子は、すでにGalaxy S3予約注文1,000万台を記録した。

サムスン電子がスマートフォン販売台数でAppleを超えたのはGalaxy S3(ギャラクシーS3)を前面に出した2011年第3四半期である。

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日によってスマートフォン市場に大きな変化がある?3 
iPhone5最新情報!結果的にiPhone5発売日が早いほどApple社の立場から有利である
海外ではApple iPhone5発売日を2012年10~11月と予想している

 
しかし、2011年10月Apple(アップル)がiPhone4S(アイフォン4S)を発売し、2011年第4四半期のスマートフォン市場は、再びApple(アップル)iPhone4S(アイフォン4S)が占めた。

このような推移を見たときApple iPhone5発売日は、スマートフォン市場支配力の確保に多大な影響を及ぼす可能性が高いという説明だ。

海外ではApple iPhone5発売日を2012年10~11月と予想している。

しかし、Roaconsulting側はライバルであるサムスン電子がGalaxy Note(ギャラクシーノート)でタブレットとスマートフォン需要層を同時攻略する一方、Galaxy S3(ギャラクシーS3)まで発売された状態にあるだけにApple iPhone5発売日の戦略的判断が重要となると分析した。

結果的にiPhone5発売日が早いほどApple社の立場から有利だという分析だ。
関連記事
スポンサーサイト



iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!

2012年05月31日 22:30

iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!
アイフォン5最新情報!iPhone4Sと同じようにiPhone5発売日は2012年9月から10月の間!
iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!1
iPhone5発売日2012年9月~10月!
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)デザインと4G LTE搭載など最新情報!

アメリカの投資銀行Piper Jaffrayのアナリストに続いて、他社のアナリストたちもiPhone5発売日を2012年9月から10月の間に予想した。

アップル社の業績などを勘案すると、2012年10月までは、iPhone5(アイフォン5)を発売しなければならないという分析だ。

CNETは、カナダRBC銀行のアナリストAmit Daryananiの報告書を引用し、iPhone4S(アイフォン4S)と同じように、iPhone5発売日は2012年10月前になると予想した。

Amit Daryananiは、報告書でアップル アイフォン5デザインと最新の4G LTE技術の搭載も一緒に言及した。


iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!2 
アイフォン5最新情報!iPhone5発売日は2012年9月から10月の間

Amit Daryananiは、 "オリジナルiPhone(アイフォン)が発売された後Appleは毎年、iPhone(アイフォン)をアップデートしており、デザインは2年ごとに変えた"としながら "新しくなったアイフォン5デザインを期待している需要を勘案すると、そのサイクルに合わせiPhone5(アイフォン5)は2012年9月~10月に発売される"と分析した。

Amit Daryananiの報告書は、Piper JaffrayのアナリストGene Munsterが先月公開したレポートと同じ見解を持っている。

アップル社がiPhoneを発売した後、iPhone(アイフォン)はApple(アップル)全体の売上高の40%以上を占める主力商品になった。

したがって、アップル社の実績を考慮したiPhone5発売日の調整が必要であり、そのiPhone5発売時期が約2012年9月~10月という分析だ。

iPhone5発売日2012年9月~10月!アップル アイフォン5デザインと4G LTE搭載など最新情報!3
iPhone5画像(アイフォン5画像)
アップル社の実績を考慮したiPhone5発売時期は2012年9月~10月

Amit DaryananiはiPhone5(アイフォン5)がこの時期に発売される場合、2013年第1四半期まで、その破壊力が維持されると予想した。

Amit Daryananiはその理由として"消費者はアップル社の新しいデザインコンセプトに魅力を感じてきた"と主張し、その政策が持続され、消費者のAppleへの忠誠度がなくならない限り、iPhone(アイフォン)は中長期的なヒット商品として販売されると付け加えた。

一方、Amit DaryananiはITリサーチ会社Gartnerの調査結果によると、アメリカ国内のiPhoneシェアはまだ7.9%であり、iPhone(アイフォン)が持っている潜在成長力はまだ大きいと説明した。
関連記事

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?

2012年04月24日 23:12

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?
Apple社はiPhone5(アイフォン5)にMDM9615チップを搭載!iPhone5発売日は、早ければ7月に予想!
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?1
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?


Apple(アップル)のiPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムのチップより、他のiPhone5部品の問題だという主張が提起された。

海外証券会社の分析に基づいて外信のメディアは "クアルコムの28nm 4G統合クアルコムチップ問題でAppleのiPhone5発売が10月に遅延されるという噂があるが、結論的にこの噂は、論理的な根拠がない"と強調した。

外信は、"Appleは、独自のAP(アプリケーションプロセッサ)と、他のSystem LSIとInterfacingで、iPhone性能を差別化してきた"とし、 "このため、AppleのAPは、すべての企業が共通的に使用するAPを搭載する可能性はない"と説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?2
Apple iPhone5画像(アップル アイフォン5画像)


また、 "Appleは、独自のA5XまたはA6をiPhone5(アイフォン5)に搭載する計画であり、同じAPであるS4を搭載する計画はない"と主張した。

むしろ、Apple社が待っているチップは、他のAPに連動されているボイスがサポートされているデータモデムチップMDM9615だと述べた。

現在、MDM 9600製品の場合、ボイスがサポートされていないという点で、必ずしもクアルコムのS3とInterfacingする必要があり、これが独自のA5を搭載する必要があるiPhone5発売遅延の理由だと外信は説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?3
iPhone5発売日は早ければ7月
iPhone5発売遅延の理由はクアルコムチップよりIn Cellなど他の部品の問題

外信は "Appleが待っているMDM9615チップは45nmで生産されるという点で、歩留まりの問題はない"とし、 "ただ、クアルコムがこのチップの量産を6月に予定している点で、MDM9615チップの搭載は7月上旬以降に可能だ"と説明した。

クアッドコアAPを搭載することが予想されるGALAXY S3(ギャラキシーS3) 4G LTEバージョンが7月に発売されるというのも、このMDM9615チップの量産のためだという説明だ。

したがって、Apple社のiPhone5発売日は、早ければ7月に予想される。

外信は "iPhone5がS4のため、10月に発売になるということは論理的に合わない"とし、 "iPhone5発売遅延の理由は、クアルコムチップよりIn Cellなどの他の部品の問題のためだ"と主張した。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報