iPhone5発売説(アイフォン5発売説)、iPhone5(アイフォン5)9月発売説が再び広がっている理由は?

2011年06月26日 09:00

iPhone5(アイフォン5)発売説が繰り返される理由は?
スティーブ ジョブズCEO、AT&TによるGALAXY S2(ギャラクシーS2)発売を意識?
今年4月に続き2カ月ぶりにApple(アップル)のiPhone5発売説(アイフォン5発売説)が再び広がっている。
 
iPhone5発売説(アイフォン5発売説)、iPhone5(アイフォン5)9月発売説が再び広がっている理由は?1 
iPhone5発売説(アイフォン5発売説)

Apple(アップル)側は、今回のiPhone5発売説(アイフォン5発売説)に対して、"確認不可能だ"という立場を明らかにしたが、ネチズンの間では、海外のメディアや有名ブロガーの言葉を引用し、iPhone5(アイフォン5)のデザインや仕様等が伝えられている。

一部のネチズンたちは、英国のメディアデイリ​​ーなど海外メディアが報道した、iPhone5発売説(アイフォン5発売説)に期待感を示している。

デマを通じてみたiPhone5(アイフォン5)の外観は、スティーブ ジョブズ(Steve Jobs)が満足したiPhone 4(アイフォン 4)のデザインを維持すると見られるが、側面から見たとき、片方の端が薄く、片方の端が半円形に設計された"涙"の形をとる可能性が高い。

iPhone5発売説(アイフォン5発売説)、iPhone5(アイフォン5)9月発売説が再び広がっている理由は?2 
iPhone5(アイフォン5)9月発売説が再び広がっている理由は?

Apple(アップル)マニアたちは、今回のiPhone5(アイフォン5)9月発売説を歓迎しながらも、一方では疑いのまなざしを送っている。

噂に登場した涙の設計は、すでにiPhone 3GS(アイフォン 3GS)とiPhone 4(アイフォン 4)発売説の時にも議論されただけでなく、今回のiPhone5(アイフォン5)9月発売説が、時期的にサムスン(三星)電子を意識した行動であると見られるからだ。

サムスン(三星)電子は、シンガポール支社で運営するFacebook(フェイスブック)を使って、GALAXY S2(ギャラクシーS2)の米国発売が迫っていることを示唆した。

iPhone5発売説(アイフォン5発売説)、iPhone5(アイフォン5)9月発売説が再び広がっている理由は?3 
GALAXY S2(ギャラクシーS2)

AT&Tのロゴが刻まれたGALAXY S2(ギャラクシーS2)の写真を公開したこともある。

一部のネチズンたちは、Apple(アップル)が韓国だけではなく、ドイツでも好評を得て、日本にまで進出している三星(サムスン)電子のGALAXY S2(ギャラクシーS2)人気を意識して、iPhone5発売説(アイフォン5発売説)を意図したという推測をしている。

実際、以前の製品であるGALAXY S(ギャラクシーS)は、Verizon(ベライゾン)をはじめ、米国の通信の4大通信事業者を介して供給され、一気に200万台を販売突破した経歴がある。

Apple(アップル)の立場では、世界市場の主導権を逃さないために、意図的にiPhone5(アイフォン5)9月発売説を出したという疑いももたれている。

一方、一部のネチズンは、これまで経験してきた噂と違うところがないと評価している。

ユーザの期待感が大きいから、これまで1年間、定期的に発表されるApple(アップル)の習慣の製品発表のサイクルを控えて多くの噂が生産されたというのだ。

これに対し、スマートフォン(Smartphone)の業界関係者は"iPhone5(アイフォン5)の8月または9月発売説が事実かどうかはともかく、オペレーティングシステム(OS)やApple(アップル)の特許権に関する紛争が激しい中、iPhone5発売日(アイフォン5発売日)が伝わるということは時期尚早ではないか"と話した。
関連記事
スポンサーサイト



iPhone 5(アイフォン5)、強化ガラスあきらめた?iPhone 5(アイフォン5)背面はアルミニウム?

2011年03月09日 09:00

iPhone 5(アイフォン5)強化ガラスあきらめた?
iPhone 5(アイフォン5)アルミニウムボディを採用?


iPhone 5(アイフォン5)強化ガラスアルミニウム

強化ガラスで、難しさを味わったApple(アップル)が強化ガラスを放棄し、新しいiPhone(アイフォン)にアルミニウムを使用するというニュースだ。


ホワイトiPhone 4(ホワイトアイフォン4)が発売できなかった理由は何だろうか?

iPhone 4(アイフォン4)強化ガラスガラス割れ 
iPhone 4(アイフォン4)強化ガラス割れ画像

複数の原因が考えられるが、背面の強化ガラス材質により引き起こされたという推測が説得力を得ている。

強化ガラスを使用すると、スクラッチには強いが、金属ほどの衝撃に耐える力を得ることが難しく、白塗りの塗装にもかなりの問題が発生することが知られている。

ここではガラスのやや重い重量も肯定的ではない部分。


今年初めに発売されると発表されたホワイトiPhone 4(ホワイトアイフォン4)は、しかし、これらの問題の解決が難しくなると発売自体を放棄するレベルに流れている。

まだ可能性が残っているものの、今年6月に新しいiPhone 5(アイフォン5)が発表されるということを想起すると、すでに発売にも、今はあまりにも遅れてしまったわけだ。

それなら、Apple(アップル)は、iPhone 5(アイフォン5)で、背面の強化ガラスを固守するか?

iPhone 4(アイフォン4)強化ガラス交換 iPhone 3GSガラス割れ液晶交換 
左:iPhone 4(アイフォン4)強化ガラス破損画像
右: iPhone 3GS(アイフォン 3GS)ガラス割れた液晶画像
(強化ガラス交換が必要だ。)

すでにこれを採用したiPhone 4(アイフォン4)からの複数の問題を発見した場合は、おそらく他の材質を使用しようとするのではないか?

iPhone(アイフォン)の製造と密接な関係を持つ台湾では、Apple(アップル)噂(デマ)ニュースが聞こえたりするが、今度はiPhone 5(アイフォン5)の材質に関連したニュースが台湾から伝えられた。


iPhone 4(アイフォン4)強化ガラスガラス割れ液晶交換 
iPhone 4(アイフォン4)強化ガラス割れ破損液晶交換修理画像

electronista.comは、台湾のある経済雑誌をを引用し、Apple(アップル)のiPhone 5(アイフォン5)の背面の強化ガラスの代わりにアルミニウムを使用するものと報道した。

ここではiPad(アイパッド)のように、背面のApple(アップル)ロゴを使用して受信速度を向上させる方法を試みる可能性が高いという。

第1世代のiPhone(アイフォン)がそうだったようにアルミ製に帰れば、重さとホワイトカラーの両方を手に入れることができる。

ただし、報道のように傷などにもより一層良い姿を見せることができるかはやや未知数。

iPhone 5(アイフォン5)は、デュアルコアプロセッサであるA5が採用されると予想され、6〜7月ごろの開発者会議であるWWDCで発表されることが知られている。
関連記事

iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報:iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)デザイン、4インチディスプレイ?

2011年03月01日 10:00

- iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)デザイン設計、ディスプレイ(画面)のサイズ4インチ? それとも携帯性に最適化された3.5インチを維持するだろうか?
(iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報)



iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報1


今、iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)情報は見積ることがない噂(デマ)だけで、iPhone 4(アイフォーン 4)当時のように、より具体的かつ正確な状況が捕捉されていない。

今まで流れていたiPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報のそれさえも信憑性があるのは、Appleが新しい「A5」、デュアルコアプロセッサを使用するという点、 クアルコムのチップセットを用いてCDMA / GSM / UMTSの統合サポートするという点、NFC、USIM内蔵の程度が記載されている。

iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報2


昨日の一日の間にもiPhone 5(アイフォーン 5)の仮想イメージ、米国と韓国の同時発売、スライド式キーボードを搭載説、QWERTY配列のキーボードなど、 かなり多くのiPhone 5(アイフォーン 5)噂(デマ)が、ウェブ上で放浪したが、米国と韓国の同時発売の可能性を除けば、残りはiPhone 5(アイフォーン 5)に選択の可能性が極めて低い、文字通り『噂(デマ)』である。

各国のメディアもこれについて、かなりの量のニュースを出したが、 既存のiiPhone 4(アイフォーン 4)にBoxWave社のアクセサリーKeyboard Buddy Caseを接続している姿をiPhone 5(アイフォーン 5)の仮想イメージで報道するなど、混乱を仕込む姿も見られた。

注目して見なければならないもう一つのiPhone 5(アイフォーン 5)噂(デマ)は、まさに『iPhone 5(アイフォーン 5)』のディスプレイ(画面)サイズの部分。

iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報3


競争のモデルたちが4〜5インチまでのディスプレイを採用した時点ではまだ3.5インチのディスプレイを固守するかどうか疑問である。

多くの噂(デマ)は、『iPhone 5(アイフォーン 5)も大きくなった4インチのディスプレイを装着するという予想が一般的である。

ここで、800万画素級のカメラの採用も期待されて見ることができる部分。

状況によってはそれ以上のスペック(仕様)を持つカメラが装着される可能性も排除することはできない。
 
iPhone 5発売(アイフォーン 5発売)噂(デマ)情報4

4インチのディスプレイ(画面)と8メガピクセル、または12メガピクセルのカメラは、Apple(アップル)の部品の生産ラインを確認し、台湾のデジタルタイムズが報道した内容だから、その信憑性がかなり高い。

まだすべてが『噂(デマ)』である、iPhone 5(アイフォーン 5)。

しかし、現在のスマートフォンの状況を見ると、iPhone 5(アイフォーン 5)のガイドラインも想像することができる。

4インチのディスプレイ(画面)と内蔵USIM、8メガピクセルのカメラ、デュアルコアプロセッサなどはほぼ確実視されているiPhone 5(アイフォーン 5)の姿ではないだろうか?
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報