--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!ドコモiPhone発売を待っていた加入者の離脱で危機!

2012年10月30日 21:03

iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!ドコモiPhone5発売を待っていた加入者の離脱で危機!
iPhone5最新情報!ドコモアイフォン発売可能性はない!加入者の離脱増加!
アイフォン5発売後、au SoftBankの加入者大幅に増加! iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!ドコモiPhone発売を待っていた加入者の離脱で危機!1
iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!
ドコモiPhone発売を待っていた加入者の離脱で危機!
iPhone5最新情報!ドコモアイフォン発売を待っていた加入者の離脱で危機!

Apple iPhone5(アイフォン5)を販売するau SoftBankに押され、日本1位の移動通信会社NTTドコモの牙城が揺らいでいる。

Apple iPhone5 DoCoMo発売が白紙化され、加入者の離脱が続いている。

iPhone5(アイフォン5)を販売するau SoftBankに多くの加入者が移動し、ドコモは危機状況を迎えている。

NTTドコモは2012年度第2四半期の実績発表を通じて9月一ヶ月間だけでMNP(携帯電話番号ポータビリティ)の加入者が9万5千200件純減したと発表した。

これは、au SoftBankなどが先月iPhone5販売を開始した結果である。


iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!ドコモiPhone発売を待っていた加入者の離脱で危機!2
iPhone5最新情報!iPhone5 au SoftBank加入者大幅に増加
iPhone5 DoCoMo発売が白紙化され、加入者の離脱が続いている

iPhone5発売後、au SoftBankの加入者が大幅に増加する傾向にある。

このような人気を反映し、同期間KDDI auは9万5千300件、SoftBankは1千200件の携帯電話番号ポータビリティ加入者が純増した。

この結果、NTTドコモは前年同期比33%減の65万件純増で、移動通信3社のうち最下位を記録した。

年末までに200万人の加入者を純増させるという目標も80万件を下げた120万件に下方修正した。

NTTドコモの加藤薫社長は "iPhone5発売影響が当初の予想より強力であった"と告白した。

DoCoMo(NTTドコモ)の音声通話の売上高も減少した。


iPhone5 au SoftBank発売の影響予想より強力!ドコモiPhone発売を待っていた加入者の離脱で危機!3
iPhone5最新情報!ドコモアイフォン発売白紙化!
ドコモはアイフォン5を販売するau SoftBankに多くの加入者が移動し、危機状況

NTTドコモは、加入者の離脱とMOU(1契約当たり月間平均通話時間)の減少などの影響で、音声通話の売上高だけで1千339億円減少した。

ただし、スマートフォンの普及によるデータ通信収入は691億円増えたと集計された。

必然的にDoCoMoのマーケティング費用は増加した。競合他社au SoftBankに加入者を奪われないためだ。

NTTドコモは、加入者の流出を防ぐための販売促進費を800億円まで投入するという計画である。

当分の間、NTTドコモの苦戦が続くと見込まれる。
関連記事
スポンサーサイト

ドコモ iPhone5発売は否定的?DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!

2012年05月23日 10:30

ドコモ iPhone5発売は否定的?DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!
DoCoMo(ドコモ)、Apple iPhone5発売予定であるKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負! 
ドコモ iPhone5発売は否定的?DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!1  
ドコモ iPhone5発売は否定的?
DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!

海外メディアPhonearenaはFX会社Jeffeiesが発表した報告書を引用してApple(アップル)iPhone5(アイフォン5)が20%程度薄くなり、従来よりも高いDPIを備えた4インチのディスプレイを搭載すると報道した。

また、Jeffeiesは中国移動通信会社チャイナモバイルと日本ドコモがiPhone5を発売するとこれよりもっと多くのiPhone(アイフォン)を出荷することを予見した。

しかし、iPhone5 ドコモ発売はまだ噂だけで否定的だ。

DoCoMo(ドコモ)はiPhone5を発売するよりも、競争通信社であるKDDI au、SoftBankとの差別化されたサービスの強化に乗り出している。

DoCoMo(ドコモ)は、昨年iPhoneを中心としたスマートフォンブームに80万加入者がKDDI auとSoftBankに移動しながら1位の座を脅かされている。

ドコモ iPhone5発売は否定的?DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!2
ドコモiPhone5 2012年には否定的だが、KDDI au&SoftBankと差別化された無料アプリを提供、スマートフォン価格の割引など、様々なマーケティングに乗り出している

日経産業新聞は、NTT ドコモが無料アプリを提供し、スマートフォン価格の割引など、様々なマーケティングに乗り出したと報じた。

DoCoMo(ドコモ)は今月から電子メールを自動的に翻訳するスマートフォンアプリを提供し始めた。

日本語を韓国語と英語·中国語に翻訳する。運営を中断した通訳電話も来月から再開する。

2012年内に通訳が可能な言語を既存の韓国語·英語·中国語のほかに、フランス語やイタリア語など計10カ国語に拡大することにした。

DoCoMo(ドコモ)はスマートフォン価格も大幅に割引してライバルのKDDI au、SoftBankと同じレベルに合わせることにした。

平均2万~2万5000円台のドコモスマートフォン価格を最大60%まで下げて1万~1万5000円で販売する。

DoCoMo(ドコモ)は、今回のマーケティングの強化で、昨年流出した顧客の半分である40万加入者を再び回復し、2012年スマートフォン販売も前年に比べ47%増の1300万台を達成する計画だ。

今回のマーケティングのためにDoCoMo(ドコモ)側が2012年の支出する費用が昨年389億円に比べ6倍の2400億円に達すると推算される。

ドコモ iPhone5発売は否定的?DoCoMo(ドコモ)iPhone5発売よりKDDI au、SoftBankと差別化戦略で勝負!3
iPhone5 ドコモ発売はまだ噂だけで近い時期には否定的
auとSoftBankのiPhone5発売日は未定

しかし、このような努力にもかかわらず、競合他社KDDI au、SoftBankもサービス強化に乗り出しており、加入者の回復が簡単には進まない見通しだ。

ライバルKDDI auは、3月からスマートフォン定額制加入者に限り、スマートフォンの通信料金を1480円割引するサービスを開始した。

SoftBankは、2012年の秋から4G LTEを使用したスマートフォンのデータ通信サービスに乗り出す。

しかし、相変らず冷めていないiPhone人気が最も大きい障害物である。

スマートフォンの新規加入者のほとんどがNTT ドコモは発売していないiPhone(アイフォン)を購入しようとするからである。。

このような根本的な問題を解決するには、DoCoMo(ドコモ)がiPhone5発売をするしかない。

しかし、iPhone5 ドコモ発売はまだ噂だけで近い時期には否定的だ。
関連記事

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?

2012年03月22日 22:30

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?
au iPhone5発売で、スマートフォン販売シェア1位を狙う!
iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?1 
iPhone5 au発売とiPhone5 SoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?

iPhone5発売が近づくにつれてau、SoftBank、docomoは緊張状態に突入した。

iPhone5発売日が消費者には嬉しいニュースだが、通信事業者にはもう一つの戦争の開始である。

iPhone4Sを発売したauとiPhoneを独占供給していたSoftBankの市場シェアが大幅に増える一方でiPhoneラインナップが存在しない通信事業者のシェアは急減している傾向にある。

このような傾向は、iPhone5発売と一緒にさらに広がる見通しだ。

iPhone5 au発売とSoftBankの発売は確定された事実である。

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?2
iPhone5 au発売とiPhone5 SoftBankの発売は確定された事実
iPhoneラインナップが存在しないdocomoのシェアは急減している

SoftBankに比べて相対的に通信インフラが良いauにiPhone5発売は新規顧客の獲得のための大きな助けになるはずだ。
auはiPhone5発売で、スマートフォン販売シェアで1位を狙っている。

市場調査機関BCNランキングによると、昨年9月、日本のスマートフォン販売シェアは56.9%で独走していたdocomoは、昨年10月iPhone4Sが発売されるとシェア25%で半分になった。

逆に20%前後のシェアを記録していたSoftBankとauは、それぞれ37%、36%にシェアが上昇した。
iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?3
auはiPhone5発売で、スマートフォン販売シェアで1位を狙っている
docomoがiPhone5を発売していない限り、市場シェアを回復させるにはかなり難しい状況

今のところはSoftBankがシェアでリードしているが、au iPhone5発売でこのような構図は変わる可能性が高い。

一方、iPhone4S発売以来、5​​ヶ月が過ぎたが、Apple iPhone4Sは好調な売れ行きを見せている。

サムスン電子、HTCなどAndroidスマートフォンメーカーの反撃で多少人気が低下していたAppleが再び威力を見せることはiPhone4S発売以来、iPhoneシリーズが再びテーマ商品に浮上したからだ。

特にiPhone4S発売とiPhone4とiPhone3GS価格を100ドルほど値下げして普及している需要が殺到している。

Appleは、米国と日本でiPhone4S発売以来、市場シェアが上昇した。

携帯電話業界の集計によると、米国では今年第3四半期11%台に落ちたシェアはiPhone4Sが発売された10月の36%に急騰した。

日本でもiPhone4Sを発売したauとSoftBankの市場シェアが昨年10月で2倍近く増えた。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。