--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!

2012年04月29日 22:39

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!
iPhone5発表を延期? iPhone5発売日、より持ち越される可能性もある?
iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!1
iPhone5発売日は6月ではない?
Apple社、第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!

6月のWWDCでiPhone5発表とiPhone5発売は期待しにくいという専門家の意見が報道された。

Apple社の発表によると、Apple(アップル)の第1四半期のiPhone販売実績は3千5​​10万台、アナリストたちの予測をはるかに超えた実績を上げた。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!2
6月のWWDCでiPhone5発表とiPhone5発売は期待しにくい
iPhone5発売日は予想通り、2012年10月が有力

現状況で、あえて6月に行われるWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表する必要がないという分析が専門家の意見だ。

iPhone5発売日は予想通り、2012年10月が有力だという。

一方、Apple社が第1四半期に前年同期対比で2倍も高い利益増加を見せて素晴らしい実績を示した。

Apple社は、販売の成長が限界にぶつかるという業界周辺の懐疑論を一気に払拭させた。

英国のフィナンシャルタイムズ(Financial Times)によると、Appleの第1四半期の純利益が前年同期比で93%も増加して116億ドル、一株当たり利益は12.30ドルを記録した。

売上高は391億9000万ドルで、前年同期比59%急増した。 専門家が予想した売上365億ドル、一株当たり9.94ドルを大きく上回る実績である。

このような実績を支えたのはiPhone(アイフォン)だ。第1四半期iPhone販売台数は、前年同期の1865万台より88%増の3510万台に達した。

iPhoneアクセサリーやiPhoneサービスの売上高も57.9%も増加して好調に一役買った。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!3
iPhone販売、前年同期の1865万台より88%増の3510万台
iPhoneアクセサリーやiPhoneサービスの売上高も57.9%も増加

iPhone(アイフォン)は、100カ国で販売された。iPad(アイパッド)も前年同期150%増の1180万台を販売して大きく貢献した。

世界2位の経済国である中国の役割も大きい。中国で第1四半期の売上高は前年同期比5倍も増えて、米国の次にApple(アップル)最大の販売市場になった。

専門家たちは、この秋、iPhone5発売後、Apple株価はもう一度急騰すると予想した。

しかし、フィナンシャルタイムズ(Financial Times)は、今回の販売実績が第2四半期実績の危険性を例示していると分析した。

iPhone4S(アイフォン4S)が早く発売され、今後の需要まで事前に得たという説明だ。

また、サムスン電子とノキアが世界のスマートフォン市場攻略を強化することにより、このような販売実績を維持するのは難しいという憂慮も提起された。

一方、iPhone5発売日は10月と予想されているが、早ければ8月に発売される可能性もあるという。
関連記事
スポンサーサイト

iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?

2012年04月26日 22:36

iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?
iPhone5発売日は6月が有力!
iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?1
iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?

Apple(アップル)のiPhone5発売日が6月になることもあるという外信の報道が伝えられた。

Apple(アップル)は6月11日から15日までサンフランシスコでの世界開発者会議(WWDC)を開催すると発表した。

今回の世界開発者会議(WWDC)で、開発者は最新のiOSとOS Xを学び、Appleは新しいアプリを作成できるようにサポートする予定だ。

世界開発者会議(WWDC)では、Apple(アップル)のエンジニアたちが進行している100回以上の技術セッションと、昨年最も優れたアプリを表彰するアップルデザインアワードも行われる。

しかし、業界では、iPhone5発表が行われると予想している。

iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?2
WWDCで、iPhone5(アイフォン5)が発表された場合、iPhone5発売日も6月が有力だ

Appleはこれまで世界開発者会議(WWDC)で、次世代iPhoneを公開してきたので、今年のWWDCでもiPhone5(アイフォン5)を発表すると予想されている。

もし、6月の世界開発者会議(WWDC)で、iPhone5(アイフォン5)が発表された場合、iPhone5発売日も6月が有力だ。

しかし、昨年には、WWDCとは別のイベントを通じてiPhone4S(アイフォン4S)を発表を行ったため、今年WWDCでiPhone5(アイフォン5)が発表されるかはまだ未知数である 。

一方、サムスン電子Galaxy S3発売日が5月3日に予想され、6月のWWDCでiPhone5発売される可能性があるという予測も出ている。

iPhone5最新情報!Apple(アップル)6月のWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表?3
Galaxy S3発売日が5月3日に予想され、6月にiPhone5が発売される可能性がある

アップルのワールドワイドマーケティング担当上級副社長フィル・シラーは"今年、素敵なWWDCを計画している"と述べ、 "多くの開発者たちとiOSはもちろん、OS X Mountain Lionの最新情報を共有し、一緒にすることを心待ちにしている"と話した。

一方、今回の会議の入場券は1千599ドル(約13万円)に達するが、販売開始2時間ですべて品切れになった。

6月11日に開かれるApple(アップル)の開発者会議(WWDC)で、iPhone5(アイフォン5)が登場するのか関心が集められている。
関連記事

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?

2012年04月24日 23:12

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?
Apple社はiPhone5(アイフォン5)にMDM9615チップを搭載!iPhone5発売日は、早ければ7月に予想!
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?1
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?


Apple(アップル)のiPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムのチップより、他のiPhone5部品の問題だという主張が提起された。

海外証券会社の分析に基づいて外信のメディアは "クアルコムの28nm 4G統合クアルコムチップ問題でAppleのiPhone5発売が10月に遅延されるという噂があるが、結論的にこの噂は、論理的な根拠がない"と強調した。

外信は、"Appleは、独自のAP(アプリケーションプロセッサ)と、他のSystem LSIとInterfacingで、iPhone性能を差別化してきた"とし、 "このため、AppleのAPは、すべての企業が共通的に使用するAPを搭載する可能性はない"と説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?2
Apple iPhone5画像(アップル アイフォン5画像)


また、 "Appleは、独自のA5XまたはA6をiPhone5(アイフォン5)に搭載する計画であり、同じAPであるS4を搭載する計画はない"と主張した。

むしろ、Apple社が待っているチップは、他のAPに連動されているボイスがサポートされているデータモデムチップMDM9615だと述べた。

現在、MDM 9600製品の場合、ボイスがサポートされていないという点で、必ずしもクアルコムのS3とInterfacingする必要があり、これが独自のA5を搭載する必要があるiPhone5発売遅延の理由だと外信は説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?3
iPhone5発売日は早ければ7月
iPhone5発売遅延の理由はクアルコムチップよりIn Cellなど他の部品の問題

外信は "Appleが待っているMDM9615チップは45nmで生産されるという点で、歩留まりの問題はない"とし、 "ただ、クアルコムがこのチップの量産を6月に予定している点で、MDM9615チップの搭載は7月上旬以降に可能だ"と説明した。

クアッドコアAPを搭載することが予想されるGALAXY S3(ギャラキシーS3) 4G LTEバージョンが7月に発売されるというのも、このMDM9615チップの量産のためだという説明だ。

したがって、Apple社のiPhone5発売日は、早ければ7月に予想される。

外信は "iPhone5がS4のため、10月に発売になるということは論理的に合わない"とし、 "iPhone5発売遅延の理由は、クアルコムチップよりIn Cellなどの他の部品の問題のためだ"と主張した。
関連記事

iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!

2012年04月22日 21:54

iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)、シャープと東芝が共同開発したタッチパネルを採用!
iPhone5発売は第3四半期!iPhone5発売日は2012年10月が有力!
iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!1 
iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?
Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!

iPhone5発売日が近づきながら、iPhone5仕様に関する情報が公開されている。

外信によると、Apple iPhone5発売が今年第3四半期に予測される中、シャープと東芝が共同開発したタッチパネルを採用するという展望が提起された。

CNETは、台湾ITメディアDIGITIMESを引用し、Apple(アップル)がシャープと東芝が新しいタッチパネルの量産に突入したと伝えた。

iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!2
iPhone5液晶、シャープと東芝が共同開発したタッチパネルを採用
iPhone5発売日は第3四半期

これまでタッチパネルは液晶画面にフィルムをコーティングする方法で製作された。

しかし、Apple(アップル)は最近注目を集めている最新の技術である一体型(in-cell)タッチパネルに関心を示し始めたという。

シャープと東芝が開発した一体型タッチパネルは、液晶画面にフィルムのセンサーが必要なく、生産工程が簡単で、重量も軽くなって厚さもより薄く作ることができる。

最近、台湾のディスプレイ関連のカンファレンスなどでもこのような一体型タッチパネル技術が大きく注目されている。

iPhone5(アイフォン5)にシャープと東芝のタッチパネルを搭載?Apple iPhone5発売日は第3四半期が有力!3
シャープと東芝の一体型タッチパネル、iPhone5(アイフォン5)にも適用
iPhone5発売日は10月が有力

シャープと東芝は、今年第2四半期までに一体型のタッチパネル製品の生産を安定的に増やしていく計画だ。

したがって、iPhone5(アイフォン5)にも適用が可能になるとDIGITIMESは予測した。

もし、このような報道が事実なら、これまでApple(アップル)のタッチパネルを供給してきたTHKホールディングスとウィンテックなどにも否定的な影響を与えると付け加えた。

一方、iPhone5発売日は10月が有力だと外信は報じている。
関連記事

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!

2012年04月20日 22:39

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!
iPhone5 4G LTE通信チップの供給不足で発売日が延期?
iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!1 
iPhone5発売日が延期されている理由は?
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!

iPhone5発売日が秋に延期されるというニュースが外信から伝えられた。

iPhone5に装着予定のQualcomm(クアルコム)の4G LTE通信チップが原因だという。

iPhone(アイフォン)は、伝統的に6月にApple(アップル)が開催する世界開発者会議(WWDC、Apple Worldwide Developers Conference)で発表された。

このような習慣を打ち破ったのが昨年iPhone4S発売で4ヶ月が過ぎた時点である10月に発売された。

CNETは、投資銀行会社Piper Jaffreyの報告書の内容を引用し、AppleのiPhone5発売日が2012年の秋(10月)だと報じた。

Piper Jaffreyの報告書は、iPhone5発売日が秋に延期になった理由をクアルコムの28nm 4G LTE通信チップ供給の問題だと主張している。

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!3
iPhone5発売日が秋に延期になった理由は、クアルコム4G LTE通信チップ供給の問題が原因

一方、Qualcomm(クアルコム)の最高財務責任者(CFO)Bill Keitelがロイターとのインタビューで明らかにした内容は、このような主張に力を与えている。

クアルコムのCFO Bill Keitelは "28nm 4G LTE通信チップの需要が供給を上回っている。可能な限りより多くの供給を行うことができるように、お金を投資することにした "と話した。

現在ではApple(アップル)がiPhone5(アイフォン5)を発売しようとしても4G LTE通信チップの供給不足でできないわけだ。

クアルコムの28nm 4G LTE通信チップは、MDM9615、MSM8960等である。

MDM9615とMSM8960は、通信機能にAPが統合された統合チップで、3Gだけでなく、4G LTEをサポートするのが特徴だ。

様々な2Gおよび3Gと4Gの通信をサポートする統合チップを作ることができるのは、現在クアルコムが唯一だ。

iPhone5発売日が延期されている理由は?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)クアルコムの28nm 4G LTE通信チップを搭載!2
iPhone5機能とスペック情報!
iPhone5に4G LTE機能を搭載する場合、選択肢はクアルコムMDM9615しかない

Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)が4G LTE機能を搭載する場合、選択肢はクアルコムのMDM9615しかない。

今も4G LTEをサポートする統合チップが出ているが、クアルコムのAPと一緒に使わなければ3Gでは音声を使うことができない。

現在のLTEスマートフォンがクアルコムのAPを使う理由だ。

多くのメーカーからのMDM9615をテストしている中で、今年はExynos、Tegra3等のAPを使用した4G LTEスマートフォンが大勢出てくる予定だ。

まもなく発売される最新スマートフォンの一つであるサムスン電子のGalaxy S3(ギャラクシーS3)もここに含まれる。
関連記事

iPhone5発売、早ければ6月?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)ケースデザインを大幅に改善!

2012年04月18日 22:33

iPhone5発売、早ければ6月?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)ケースデザインを大幅に改善!
Apple iPhone5発売、早ければ6月!外装ケースのデザインを大幅に改善!
iPhone5発売、早ければ6月?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)ケースデザインを大幅に改善!1 
iPhone5発売、早ければ6月?Apple iPhone5ケースデザインを大幅に改善!

Apple(アップル)が早ければ、6月にiPhone5発売を予定している。

サムスン電子もApple iPhone5発売を意識してGalaxy S3発売を急いでいる。

サムスン電子は、Apple iPhone5発売日より早くGalaxy S3を発売し、スマートフォン市場を先行獲得するという戦略を繰り広げている。

発売直前まで仕様を一切公開しない秘密主義マーケティングは、サムスン電子とApple(アップル)社が非常に似ている。

一方、iPhone5デザインが変わるという予測が飛び交っている中、今度はハンドセット、つまりケースデザインが大幅に改善されるという予測が出た。

iPhone5発売、早ければ6月?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)ケースデザインを大幅に改善!3
iPhone5噂を総合すると、ケースデザインが大幅に改善される

IT専門誌gizmocrave.comは、これまでのiPhone5噂を総合すると、ハンドセット、つまりケースデザインが大幅に改善されると報道した。

他のiPhone5デザイン関連の噂と差別化された点は非常に具体的だという点だ。

gizmocrave.comによると、iPhone5(アイフォン5)の新しいケースは超音波圧着法を使用して付着される。

超音波圧着法を使用する場合、iPhone5ケースははるかに軽くなる。

iPhone5仕様は1280×720ピクセルの367dpiの解像度とタッチスクリーンの性能も前作iPhone4Sより改善されると予想される。

また、iPhone5(アイフォン5)には、次世代通信網の4G機能も搭載される見込みだ。

Apple(アップル)側はiPhone5発売日についてはまだ黙殺無返答で一貫している。

iPhone5発売、早ければ6月?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)ケースデザインを大幅に改善!2
Galaxy S3発売は5月初め、Galaxy S3仕様は公開されていない

一方、サムスン電子はGalaxy S3発売を5月初めに予定しており、先にトリガーを引いたという評価を受けている。

Galaxy S3仕様も正確な内容は公開されていないが、Google(グーグル)のAndroid4.0(アンドロイド4.0)アイスクリームサンドイッチに基づいて3Gと4G二つのモデルで発売されると予測されている。

Apple(アップル)とサムスン電子の最新スマートフォン発売で、スマートフォン市場の競争もさらに激しくなるものと見込まれる。
関連記事

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!

2012年04月16日 14:09

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!1 
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!

最新、iPhone5発売日が2012年10月だという報道が頻繁に報道されている。

海外メディアが報道した最新情報によると、iPhone5発売が10月に予想され、ユニボディ(Unibody)のデザインを採用する可能性が高い。

AppleInsiderが台湾と中国の部品サプライヤーとの出会いを通じて得た情報を分析したというTopeka Capital Marketsのアナリスト、ブライアンホワイトの言葉を借りて報じた内容によると、次世代iPhone(仮称:iPhone5)は4インチの画面に4G LTEをサポートする。

また、Apple(アップル)の次世代タブレットPC 7.85インチのiPad Miniも発売される。

ブライアンホワイトは、 "iPhone5は、4インチの画面とユニボディ(Unibody)のデザインにアップグレードされると期待される"と述べ、"新しいiPhone5デザインは、消費者がiPhone5購入を決心するようにする最も重要な理由になる"と述べた。

iPhone5最新情報!デザインとスペック情報まとめ!

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!2 
iPhone5画像(アイフォン5画像)

iPhone5アンテナに注目!

ユニボディを採用したiPhone5デザインが通話品質やデータの受信に影響を及ぼすかどうかについてはまだ分からない。

しかし、すでに2011年9月にApple(アップル)は新しいiPhoneアンテナに関する特許を申請したことがある。

 
iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!3
iPhone5最新情報!iPhone5アンテナ

 
このiPhone5デザインでアンテナはほとんど見えないシャーシスロットに位置している。

ブライアンホワイトは、iPhone5発売後、需要が膨大になると予想しながら、Apple株価が一株当たり1,000ドルに急騰すると予想した。


iPhone5スペック、新しいプロセッサ(AP)に変更!

iPhone5最新情報!Apple iPhone5発売日、デザインとスペックまとめ!4
iPhone5最新情報!Apple iPhone5スペック、新しいプロセッサ(AP)に変更!

また、Apple(アップル)は次世代iPhone(仮称:iPhone5)のための新しいプロセッサを開発しているように見える。

9to5Macの報道によると、A5Xベースのチップだが、iPad(アイパッド)の代わりにアップルスマートフォンiPhone向けに修正されるものと見られる。

iPhone5プロセッサ(AP)変更によって、バッテリと電源管理、および一部のグラフィックス性能が変更されることが予想される。

これは、Apple(アップル)が今後アップルスマートフォンiPhone(アイフォン)と他のモバイルデバイスであるタブレット用の2つのプロセッサを開発していくことが期待できる部分である。

一方、Apple(アップル)はiPhone5(アイフォン5)のプロトタイプ紛失を防止するために、iPhone4Sケースの中で、新しいプロセッサをテストしているという。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。