--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone(アイフォン)バッテリー交換:保険期間切れiPhone3GSとiPhone4バッテリー交換方法?

2011年03月20日 09:53

保険期間切れのiPhone(アイフォン)バッテリー交換はDIYで解決!?
iPhone3GS(アイフォン3GS)とiPhone4(アイフォン4)バッテリー交換方法?
 
iPhone(アイフォン)バッテリー交換1

1千万スマートフォン時代を開いたのiPhone(アイフォン)とGALAXY S(ギャラクシーS)

ただし、同じスマートフォンだが、iPhone(アイフォン)の利用者たちがGALAXY S(ギャラクシーS)を羨ましがることがある。
それはバッテリー問題。特に、バッテリの交換を控え、利用者は、アップルが法外に高く策定された価格に不満が多い。

業界によると、GALAXY S(ギャラクシーS)のバッテリー単品購入価格が3千円くらいであるのに対し、iPhone(アイフォン)のバッテリーは、1万5千円くらいで高く、iPhone(アイフォン)の利用者たちの間で公式ASセンターではなく、直接バッテリを購入して交換する人が増えている。

iPhone(アイフォン)の利用者なら一度はバッテリーの消費のために困難を経験した経験がある。

特に、発売されて1年半になったiPhone3GS(アイフォン3GS)を使う利用者にUSB充電ケーブルは、必須の所持品である。

これは、スマートフォン利用者が通話だけでなく、様々な情報を取得するなど、PC以外のスマートフォンを使って解決しており、バッテリの消費量が多いからだ。

iPhone(アイフォン)バッテリー交換2

今年2月末のデータによると、スマートフォン利用者の場合は、普通の携帯電話の利用者よりも情報を取得するなどのためのメディアの利用時間が2.7倍多いことが分かった。

また、スマートフォン利用者であればあるほどPCの利用時間が大幅に減ったことが分かった。

特にiPhone(アイフォン)の場合は、[ヘビーユーザー』が多いにも、GALAXY S(ギャラクシーS)のように予備のバッテリーがないし、一体型のモデルであるという点から、これによる不便がもっと大きい。

さらに、位置情報サービス(LBS)の場合、1時間余りを使用すると、バッテリが放電されることも日常茶飯事だ。


[Tip] iPhone(アイフォン)の場合、バッテリが完全放電すると、電源がオンにならない場合がしばしばある。
こんな時はあわてずに、ホームボタンと電源ボタンを同時に10秒間押し続けると電源がオンになる。


他の携帯電話とは異なり、二次電池や据え置き型の充電器が飛ぶように売れている理由だ。

最近では、太陽熱を利用した予備バッテリまで登場し、周辺機器の市場だけ好況を享受している。


このため、オフィスや家庭では、iPhone(アイフォン)を常に充電器に接続して使用する人が増えている。

"iPhone(アイフォン)は有線電話か"という笑い話が出てくる理由だ。


iPhone(アイフォン)バッテリー交換3 
もちろん、1年間の保証期間内にバッテリー異常が確認されれば、バッテリー消費量のテストを経て、無料でバッテリーを交換してくれる。

しかし、iPhone3GS(アイフォン3GS)を購入した消費者のほとんどは、保証期間が終了するなかで、高価なバッテリー交換費用を支払わなければならない。

ほとんどの私立(?)iPhone(アイフォン)の修理はメーカーでは公式の修理価格の4分の1に、バッテリを交換してくれる。出張サービスを提供する業者もいる。(5千円くらい)

しかし、最近では、利用者が直接iPhone(アイフォン)を分解してバッテリーを交換するDIY(Do it yourself)方式が人気だ。

直接交換しなければならないという負担があるが、2~3千円くらいでバッテリー交換が可能である。


iPhone(アイフォン)バッテリー交換4 

iPhone(アイフォン)の利用者のコミュニティやバッテリーの販売サイトには、写真動画と一緒に交換する方法を詳しく説明しているブログを調べることができ、交換成功記も続々と上がってきている。

ある利用者は、"iPhone(アイフォン)は、順番に分解して組み立てるとなる簡単な構造"と"素人がするには多少の困難があるが、いくつかの注意のみ注意してと、無難に交換することができる"と述べた。

単品バッテリーの購入との交換過程は困難ではないが、分解組立の過程での故障などが発生することができ、民間の修理業者を利用したり、分解を試みる場合は、正式サービスを受けることができないという点は留意しなければならない。

このため、ある利用者は、"流通されているバッテリーごとに品質の差があり、安定性に問題がある場合もある"としながら"バッテリの自己交換は、保証期間が終わって保険も掛けられていない状態で、ASコストが請求された時、選択する最後の手段"と述べた。



iPhone(アイフォン)の公式のサービスセンターの関係者は"iPhone(アイフォン)の製造元であるアップル社の規定上のユーザーがiPhone(アイフォン)を分解すると、無償保証期間であっても保証を受けることができない"と述べた。

iPhone3GS(アイフォン3GS)バッテリ交換動画



iPhone4(アイフォン4)バッテリ交換動画




関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 



コメント

  1. | |

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://smartphonejapan.blog103.fc2.com/tb.php/12-f4f06f3f
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。