--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?

2011年11月19日 14:09

iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?
Apple(アップル)、iPhone(アイフォン)の内部にエアバッグなどの衝撃吸収装置の特許を出願!
iPhone5(アイフォン5)、エアバッグでディスプレイの衝撃を吸収!

iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?1 
iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?

2012年発売予定iPhone5(アイフォン5)は、従来のモデルより衝撃に強い見込みだ。

iPhone5(アイフォン5)が大きなディスプレイと革新的な機能を搭載するだろうという見通しは海外メディアを通じて報道されてきた。

最近、Apple(アップル)がiPhone(アイフォン)の内部にエアバッグなどの衝撃吸収装置を装着する内容を骨子とする特許を出願したことと知られた。

CNETは、Apple(アップル)の特許関連の情報を提供する"PATENTLY APPLE"を引用し、Apple(アップル)が昨年初めに、iPhone(アイフォン)のディスプレイを衝撃から保護するために、内部のエアバッグを装着する特許を出願したと報道した。

発売予定iPhone5(アイフォン5)に導入されれば、これまで衝撃に弱いという評価を受けていたiPhone(アイフォン)の弱点が解決される。

Apple(アップル)がiPhone(アイフォン)の衝撃吸収のために特許を出願し、そのエアバッグはディスプレイと本体の間に入って衝撃を吸収することになる。

利用者がiPhone(アイフォン)を落としても、ディスプレイのガラスが割れる可能性を減らすためだ。
iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?2
発売予定iPhone5はエアバッグ装着?

Apple(アップル)は、特許庁に提出した書類で、"デバイスが薄くなるほど画面(ディスプレイ)のガラスが割れる可能性が高い"と述べた。

このため、ディスプレイの下に衝撃吸収ラバーパッド、ゲル、エアバッグなどを挿入する式の工夫が必要だという説明だ。

特許によると、単純にパッドを挿入するだけでなく、特殊な液体などを利用して落とす瞬間に内部で膨張するエアバッグモデルを利用して衝撃を最大限吸収する案も検討中だ。

ただ、問題は同じような内容の特許をAmazon(アマゾン)も出願したという点だ。

さらに、特許出願の時期まで似ていて、Apple(アップル)がエアバッグ装着モデルを発売する場合、Amazon(アマゾン)と特許戦争をすることになる可能性も排除することはできない。

CNETは、"これまでの衝撃にやや弱いという評価を受けてきたiPhoneの耐久性を向上させる特許"とし"この特許がiPhone5(アイフォン5)で実装されれば、利用者がiPhone(アイフォン)を落としてもディスプレイ画面が割れる可能性が大幅に減る"と言及した。

iPhone5最新情報!2012年発売予定Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)はエアバッグ装着?3
iPhone5デザイン、背面がiPadのようなアルミニウム製
iPhone5発売日が近づいてきている

一方、iPhone5デザインは、背面がiPad(アイパッド)のようなアルミニウム製で、円形のホームボタンは押すのではなく、静電式で設計される可能性が高い。

外信によると、iPhone5(アイフォン5)は2012年の3/4四半期に発売される可能性が高いと予想されている。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://smartphonejapan.blog103.fc2.com/tb.php/131-9361f355
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。