--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?

2012年03月22日 22:30

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?
au iPhone5発売で、スマートフォン販売シェア1位を狙う!
iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?1 
iPhone5 au発売とiPhone5 SoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?

iPhone5発売が近づくにつれてau、SoftBank、docomoは緊張状態に突入した。

iPhone5発売日が消費者には嬉しいニュースだが、通信事業者にはもう一つの戦争の開始である。

iPhone4Sを発売したauとiPhoneを独占供給していたSoftBankの市場シェアが大幅に増える一方でiPhoneラインナップが存在しない通信事業者のシェアは急減している傾向にある。

このような傾向は、iPhone5発売と一緒にさらに広がる見通しだ。

iPhone5 au発売とSoftBankの発売は確定された事実である。

iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?2
iPhone5 au発売とiPhone5 SoftBankの発売は確定された事実
iPhoneラインナップが存在しないdocomoのシェアは急減している

SoftBankに比べて相対的に通信インフラが良いauにiPhone5発売は新規顧客の獲得のための大きな助けになるはずだ。
auはiPhone5発売で、スマートフォン販売シェアで1位を狙っている。

市場調査機関BCNランキングによると、昨年9月、日本のスマートフォン販売シェアは56.9%で独走していたdocomoは、昨年10月iPhone4Sが発売されるとシェア25%で半分になった。

逆に20%前後のシェアを記録していたSoftBankとauは、それぞれ37%、36%にシェアが上昇した。
iPhone5 au発売とSoftBank発売で、docomoのスマートフォン販売シェアは急減?3
auはiPhone5発売で、スマートフォン販売シェアで1位を狙っている
docomoがiPhone5を発売していない限り、市場シェアを回復させるにはかなり難しい状況

今のところはSoftBankがシェアでリードしているが、au iPhone5発売でこのような構図は変わる可能性が高い。

一方、iPhone4S発売以来、5​​ヶ月が過ぎたが、Apple iPhone4Sは好調な売れ行きを見せている。

サムスン電子、HTCなどAndroidスマートフォンメーカーの反撃で多少人気が低下していたAppleが再び威力を見せることはiPhone4S発売以来、iPhoneシリーズが再びテーマ商品に浮上したからだ。

特にiPhone4S発売とiPhone4とiPhone3GS価格を100ドルほど値下げして普及している需要が殺到している。

Appleは、米国と日本でiPhone4S発売以来、市場シェアが上昇した。

携帯電話業界の集計によると、米国では今年第3四半期11%台に落ちたシェアはiPhone4Sが発売された10月の36%に急騰した。

日本でもiPhone4Sを発売したauとSoftBankの市場シェアが昨年10月で2倍近く増えた。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://smartphonejapan.blog103.fc2.com/tb.php/191-9e2def9f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。