--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?

2012年04月24日 23:12

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?
Apple社はiPhone5(アイフォン5)にMDM9615チップを搭載!iPhone5発売日は、早ければ7月に予想!
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?1
iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?
Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?


Apple(アップル)のiPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムのチップより、他のiPhone5部品の問題だという主張が提起された。

海外証券会社の分析に基づいて外信のメディアは "クアルコムの28nm 4G統合クアルコムチップ問題でAppleのiPhone5発売が10月に遅延されるという噂があるが、結論的にこの噂は、論理的な根拠がない"と強調した。

外信は、"Appleは、独自のAP(アプリケーションプロセッサ)と、他のSystem LSIとInterfacingで、iPhone性能を差別化してきた"とし、 "このため、AppleのAPは、すべての企業が共通的に使用するAPを搭載する可能性はない"と説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?2
Apple iPhone5画像(アップル アイフォン5画像)


また、 "Appleは、独自のA5XまたはA6をiPhone5(アイフォン5)に搭載する計画であり、同じAPであるS4を搭載する計画はない"と主張した。

むしろ、Apple社が待っているチップは、他のAPに連動されているボイスがサポートされているデータモデムチップMDM9615だと述べた。

現在、MDM 9600製品の場合、ボイスがサポートされていないという点で、必ずしもクアルコムのS3とInterfacingする必要があり、これが独自のA5を搭載する必要があるiPhone5発売遅延の理由だと外信は説明した。

iPhone5発売遅延の理由は4G統合クアルコムチップではない?Apple(アップル)iPhone5(アイフォン5)発売日は7月?3
iPhone5発売日は早ければ7月
iPhone5発売遅延の理由はクアルコムチップよりIn Cellなど他の部品の問題

外信は "Appleが待っているMDM9615チップは45nmで生産されるという点で、歩留まりの問題はない"とし、 "ただ、クアルコムがこのチップの量産を6月に予定している点で、MDM9615チップの搭載は7月上旬以降に可能だ"と説明した。

クアッドコアAPを搭載することが予想されるGALAXY S3(ギャラキシーS3) 4G LTEバージョンが7月に発売されるというのも、このMDM9615チップの量産のためだという説明だ。

したがって、Apple社のiPhone5発売日は、早ければ7月に予想される。

外信は "iPhone5がS4のため、10月に発売になるということは論理的に合わない"とし、 "iPhone5発売遅延の理由は、クアルコムチップよりIn Cellなどの他の部品の問題のためだ"と主張した。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://smartphonejapan.blog103.fc2.com/tb.php/206-b218886f
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。