--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!

2012年04月29日 22:39

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!
iPhone5発表を延期? iPhone5発売日、より持ち越される可能性もある?
iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!1
iPhone5発売日は6月ではない?
Apple社、第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!

6月のWWDCでiPhone5発表とiPhone5発売は期待しにくいという専門家の意見が報道された。

Apple社の発表によると、Apple(アップル)の第1四半期のiPhone販売実績は3千5​​10万台、アナリストたちの予測をはるかに超えた実績を上げた。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!2
6月のWWDCでiPhone5発表とiPhone5発売は期待しにくい
iPhone5発売日は予想通り、2012年10月が有力

現状況で、あえて6月に行われるWWDCでiPhone5(アイフォン5)を発表する必要がないという分析が専門家の意見だ。

iPhone5発売日は予想通り、2012年10月が有力だという。

一方、Apple社が第1四半期に前年同期対比で2倍も高い利益増加を見せて素晴らしい実績を示した。

Apple社は、販売の成長が限界にぶつかるという業界周辺の懐疑論を一気に払拭させた。

英国のフィナンシャルタイムズ(Financial Times)によると、Appleの第1四半期の純利益が前年同期比で93%も増加して116億ドル、一株当たり利益は12.30ドルを記録した。

売上高は391億9000万ドルで、前年同期比59%急増した。 専門家が予想した売上365億ドル、一株当たり9.94ドルを大きく上回る実績である。

このような実績を支えたのはiPhone(アイフォン)だ。第1四半期iPhone販売台数は、前年同期の1865万台より88%増の3510万台に達した。

iPhoneアクセサリーやiPhoneサービスの売上高も57.9%も増加して好調に一役買った。

iPhone5発売日は6月ではない?Apple(アップル)第1四半期のiPhone販売、前年同期比88%増加!3
iPhone販売、前年同期の1865万台より88%増の3510万台
iPhoneアクセサリーやiPhoneサービスの売上高も57.9%も増加

iPhone(アイフォン)は、100カ国で販売された。iPad(アイパッド)も前年同期150%増の1180万台を販売して大きく貢献した。

世界2位の経済国である中国の役割も大きい。中国で第1四半期の売上高は前年同期比5倍も増えて、米国の次にApple(アップル)最大の販売市場になった。

専門家たちは、この秋、iPhone5発売後、Apple株価はもう一度急騰すると予想した。

しかし、フィナンシャルタイムズ(Financial Times)は、今回の販売実績が第2四半期実績の危険性を例示していると分析した。

iPhone4S(アイフォン4S)が早く発売され、今後の需要まで事前に得たという説明だ。

また、サムスン電子とノキアが世界のスマートフォン市場攻略を強化することにより、このような販売実績を維持するのは難しいという憂慮も提起された。

一方、iPhone5発売日は10月と予想されているが、早ければ8月に発売される可能性もあるという。
関連記事

iPhone5S(アイフォン5S) iPhone6(アイフォン6)最新情報!

 

スマートフォン情報iPhone 5(アイフォン5)Galaxy S2(ギャラクシーS2)iPad2(アイパッド2) 最新情報

 



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://smartphonejapan.blog103.fc2.com/tb.php/208-8e0dfc5a
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。